画像
画像
Movies
映像
予告編
特別映像1
特別映像2
特別映像3
画像
画像
画像

衝撃的な事件は2017年2月13日、マレーシアで起こった。北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)が、大勢の利用者でごった返すクアラルンプール国際空港の出発ロビーで殺害されたのだ。さらに世界中を驚かせたのは、マレーシアの警察に逮捕された容疑者が“暗殺者”のイメージからはあまりにもかけ離れた若きふたりの女性だったことだ。インドネシア人のシティ・アイシャと、ベトナム人のドアン・ティ・フォン。現場のあちこちに設置された監視カメラには、搭乗手続きをしようとしていた金正男に彼女たちがじゃれつくように襲いかかる様子や、金正男が警官らに助けを求め、ふらつく足取りで空港内のクリニックに向かう姿が生々しく捉えられていた。そして金正男はまもなく死亡。猛毒の神経剤VXを顔に塗りたくられたことが原因だった…。

『わたしは金正男を殺してない』はこの何もかもが奇妙かつ大胆で、謎のベールに覆われた世紀の暗殺事件の真相に迫ったドキュメンタリーだ。はたして容疑者のシティとドアンはプロの殺し屋なのか。彼女たちと、その背後で暗躍していた北朝鮮の工作員たちとの関係はいかなるものなのか。アメリカで最も有名なセックス・セラピストの波瀾万丈の人生を描いた『おしえて!ドクター・ルース』(2019)、聖職者による性犯罪の闇に切り込んだNetflixオリジナル・シリーズ「キーパーズ」(2017)で絶賛された気鋭のドキュメンタリー作家、ライアン・ホワイトが、クアラルンプール、インドネシア、ベトナムで粘り強い取材を敢行した本作は、まさに想像を絶するミステリーの真実を観る者に提示していく。

その闇に隠された<驚愕の真実>に迫るドキュメンタリーが制作国アメリカに先駆け、世界最速公開!
世界中に衝撃を与えた金正男[キム・ジョンナム]暗殺事件――
Introduction
イントロダクション
画像
画像
SNSを通して暗殺者になるまでの60日間の真実――。
20代のふたりの女性はプロノ暗殺者か、それとも悲劇の主人公か?

弁護団やジャーナリストへのインタビュー、空港の監視カメラなどの記録映像をふんだんに盛り込んだこのドキュメンタリーは、貧しい日常を抜け出そうとあえいでいたインドネシア人のシティ、希望していた職に就けずに女優を夢見ていたベトナム人のドアンの知られざる実像に迫っていく。ミスターYやジェームズなどと称し、素性を隠しSNSを通して彼女たちそれぞれに接触した北朝鮮の工作員たちは、日本のTV向けの“イタズラ動画”への出演話を持ちかけ、恐ろしいほど巧妙かつ入念な手口で、無邪気なふたりの女性を暗殺の実行犯へと仕立てていった。本作は自分たちが北朝鮮の巨大な陰謀に巻き込まれたとは知る由もないシティとドアンが、何気なくSNSに投稿した動画や、工作員たちと交わしたテキスト・メッセージも織り交ぜ、信じがたい暗殺計画の裏側を時系列に沿って克明に映し出す。

またホワイト監督は、暗殺当日のシティとドアン、彼女たちを操る北朝鮮の工作部隊、何も知らずにひとりで空港にやってきた金正男の行動を緻密に映像化。有罪になれば絞首刑に処せられることは免れないシティとドアンの裁判の模様も、音声データやイラストを駆使して再現していく。ニュース報道では伝えられなかった深い闇の中の真実が次々とあふれ出てくる驚愕の展開に、誰もが言葉を失い、戦慄を覚えずにいられないだろう。

そして本作は、より良い生活を追い求めて、この悪夢のような悲劇の主人公になってしまったシティとドアンを取り巻く過酷な現実をあぶり出すとともに、ふたりが獄中で育んだ友情のエピソード、彼女たちの無実を信じて闘った弁護団の活躍にも目を向けている。まさしく事実は小説よりも奇なり。あらゆる奇想天外なスパイ映画をも凌駕するであろう歴史的な暗殺劇、その全貌が世界に先駆けついに解き明かされる――。

Profile
登場人物
シティ・アイシャ Siti Aisyha
シティ・アイシャ
Siti Aisyah
インドネシア人のシティ・アイシャは1992年2月生まれ。高層ビルや巨大モールが立ち並ぶジャカルタ市中心部から車で2時間のランカスムルで育った。実家は農家で、主にじゃがいもやウコンの栽培で生計を立てている。彼女は3人兄弟の末っ子で、家から歩いてすぐのところにある小学校に通っていた。家は家は貧しく、彼女を進学させる余裕がなかったため、シティの教育はここで終わっている。その後、彼女はジャカルタの縫製工場で早朝から深夜まで働き、雇い主の家に嫁ぐ。17歳の時に息子をもうけたが、2012年に離婚している。息子は、夫の父親に取られてしまう。その後クアラルンプールに来るが、華やかな都会の中で生活は楽ではなく、性風俗の闇へと落ちていくこととなる。
画像
画像
ドアン・ティ・フォン Doan Thi Huong
ドアン・ティ・フォン
Doan Thi Huong
シティの3つ年上のベトナム人のドアン・ティ・フォンの生い立ちも、首都ハノイから何百キロも離れたギアビン村の水田の片隅に立つ小さな家で始まり、シティと似たようなものだった。家族は、ベトナムの典型的な農村で暮らしており、どこの貧しい村でも同じように、若い人たちは都会へ出て金を稼ぎ、親よりもいい生活をする機会を求めている。彼女の父親は、ベトナム戦争の退役軍人。現在は地元の市場で警備員として働いている。ドアンの母親は2015年に亡くなり、父親は同じ村の女性と再婚した。5人兄弟の末っ子だったドアンは18歳で家を出てから、この家に戻ることはなかった。その後ハノイの大学で会計学を学んだが経理の仕事にはつけず、パブの接客係やモデルをしていた。
画像
画像
金正男(キム・ジョンナム)
Kim Jong-nam
1971年5月10日、金正日氏と映画女優だった成恵琳氏との間に生まれた。当時、正日氏には妻がいたため、正男氏は庶子扱いだった。旧ソ連時代のモスクワやスイス、北京などで幼少~青年期を過ごし、90年代半ばには朝鮮人民軍の大将になったとされる。2001年5月に偽装旅券で日本に密入国しようとして逮捕された。2010年ごろからマカオに滞在。各国メディアと接触し、北朝鮮の政治体制を批判するような発言もしている。17年2月13日、クアラルンプールの空港で毒殺。
画像
画像
comment
コメント
北朝鮮ウオッチングをどこよりもやってる日本にとっては必見の映画。 犯罪で正に「国籍ロンダリング」。金正男は、ここまでやらなければ狙えない。
日本でも長い間、暗殺者二人に対しての結論が出ないまま見守っていた。これでようやく真相が映画の形で見られて嬉しい。今までにない実話の法廷ミステリー。
デーブ・スペクター
放送プロデューサー
グローバリズムの中では、アジアの片田舎で育った若者のたった一度の小さなつまずきが、世界の奈落への転落となる。人の命は国益よりはるかに軽い。 私たちは、そんな時代を生きているのだ。 
石井光太
作家
秀逸なフィクションのように展開していく劇場型犯罪。 丁寧に紐解いていく本作の完成度の高さは追求の余地を与えない。 ジャーナリストとしては悔しいが、観客として見入ってしまった。
丸山ゴンザレス
ジャーナリスト
かつて北朝鮮の王子と呼ばれた男が暗殺された! 実行犯の裏に見え隠れする北朝鮮の謀略。これはスパイ映画ではない。暗殺劇の真実を暴き出す渾身のドキュメンタリーだ!
髙英起
デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト
人は誰もが一度は騙される。それが命に関わるとしたら? それも暗殺犯の身代わりにされたら? この映画は絶体絶命の無実の女性らの「救出劇」でもあり、闇に葬られた事件の真相に迫った超一級のドキュメンタリーでもある!
辺真一
コリア・レポート編集長
背景に、こんな物語があったなんて。 弁護士や記者、そして世界で最も著名になった両被告の、自由、法、人権、事実を守るための闘いの記録。
荻上チキ
評論家・ラジオパーソナリティ
結局、この男が一番悪いヤツなんだ、 と無性に腹が立ち、無力感に襲われる。ニッポン国のトップにもいるよな、こんな悪いヤツ。
原一男
映画監督
この事件のことは知っている。でも、結末を知らなかった。 なぜか。報じられなかったから。こうして、辛うじて息をしていた人を黙殺していたのだ。
武田砂鉄
ライター
結果は知っていた。でも本作を観ながら、実は何も知らなかったことに気がついた。
調査報道という言葉以外を思いつけない。それは映画ではなくジャーナリズムの領分。でもジャーナリズムが市場原理で衰退するならば、映画がその欠落を補填する。その決意を観てほしい。
森達也
映画監督・作家
国家が権力安定のために、有力人物を異国の空港で暗殺する。さらに別の国の20代半ばの女性たちを使って。貧しさから抜け出したいと、イタズラ動画への出演を引き受け、VXガスと知らず、相手の顔に素手で塗った。 注意深い事実の積み重ねから見えるのは、個人が権力に飲み込まれるか否かの非情な戦い。
杉山春
ルポライター
調整弁としての司法、平穏のための犠牲。 秩序とは暴力の一形態にほかならない。
佐々木ののか
文筆家
フィクションなら誰も信じないような子どもじみた殺害計画が、同時代に、実際に起きたことの衝撃。 緻密な取材から成る“事実は小説よりも奇なり”を地で行く展開に、最後の最後まで目が離せなかった。
石川直樹
写真家
夢に近づくかもしれないという、若い移民女性への弱みにつけ込んだ仕事斡旋の先に待ち受けていたのは、 彼女たちを利用しようとする、大きな力との戦いだった。
鈴木涼美
作家
アニョハセヨ。世界に衝撃を与えた“金正男暗殺事件”。 国同士の策略や駆け引きそしてそれに翻弄された実行犯の若き二人の女性はプロの暗殺者かそれとも事件に巻きこまれてしまった悲劇のヒロインか…。 是非映画館で確認するニダ。
ぷりん将軍
YouTuber/金正恩モノマネ芸人
日本から来たジェームスという謎の男が、日本でバズると言って仕掛けるイタズラ動画。 果たして僕らは今、現在の何を知っていたのか?現実の多面性をこれでもかと突き付けてくる凄まじい作品。
ダースレイダー
ラッパー
金正男殺害事件の最大の特徴は、実行犯として「素人」が起用されたことだ。
鍛え抜かれたプロの殺し屋に代わって、田舎で育った若い女性2人が選ばれた。 2人はバイト感覚で、偶然知り合ったカメラマンのスカウトに応じ、 通行人の顔にオイルを塗るイタズラ番組に出たのだが、そのカメラマンが実は北朝鮮工作員で、 通行人が金正男、オイルがVXだったと知ったのは、手錠をかけられた後だった。 2人は知らぬ間に暗殺工作に引きずり込まれ、捨て駒にされたのだ。そんな事件の闇に迫る本作は、未公開の音声記録や当事者インタビューを手がかりに、歴史に埋もれた事実も掘り起こしていく。
本作の撮影チームとは、現場で何度も鉢合わせした。 日の出前から現場に張り込み、汗まみれで捜査車両を追いかけた、撮影チームの執念が映像ににじみ出ている。
乗京真知
朝日新聞記者/「追跡 金正男暗殺」著者
Theater
劇場情報
東京
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
東京 シアター・イメージフォーラム 03-5766-0114 上映終了
ヒューマントラストシネマ有楽町 03-6259-8608 上映終了
アップリンク吉祥寺 0422-66-5042 上映終了
北海道
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
札幌 シアターキノ 011-231-9355 上映中
苫小牧 シネマトーラス 0144-37-8182 近日
東北
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
宮城 チネ・ラヴィータ 022-299-5555 上映終了
青森 フォーラム八戸 0178-71-1555 上映終了
山形 フォーラム山形 023-647-0647 上映終了
福島 フォーラム福島 024-533-1515 上映終了
関東
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
神奈川 川崎チネチッタ 044-223-3190 上映終了
横浜ジャック&ベティ 045-243-9800 上映終了
千葉 US千葉ニュータウン 0476-48-2126 上映終了
シネプレックス幕張 0570-783-231 上映終了
埼玉 シネプレックス幸手 0570-783-733 上映中
ユナイテッド・シネマウニクス上里 0570-783-150 上映中
ユナイテッド・シネマウニクス南古谷 0570-783-190 上映終了
群馬 シネマテークたかさき 027-325-1744 上映中
茨城 シネプレックスつくば 0570-783-122 上映終了
長野 長野ロキシー 026-232-3016 2021/1/9(土)
静岡 静岡シネ・ギャラリー 054-250-0283 上映終了
中部
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
愛知 センチュリーシネマ 052-264-8580 上映終了
ユナイテッド・シネマ豊橋18 0570-783-668 上映終了
岐阜 大垣コロナシネマワールド 0584-73-0567 上映終了
三重 伊勢進富座 0596-28-2875 2021/1/9(土)
石川 シネモンド 076-220-5007 12/12(土)
福井 福井メトロ劇場 0776-22-1772 11/28(土)
富山 ほとり座 076-422-0821 12/12(土)
関西
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 上映終了
兵庫 元町映画館 078-366-2636 上映中
京都 京都シネマ 075-353-4723 上映終了
奈良 ユナイテッド・シネマ橿原 0570-000-206 上映中
中国・四国
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
岡山 シネマ・クレール 086-231-0019 上映終了
広島 八丁座 082-546-1158 12/25(金)
香川 ソレイユ 087-861-3366 上映終了
愛媛 ユナイテッド・シネマフジグラン今治 0570-783-226 上映終了
九州・沖縄
地域 劇場名 TEL 前売 公開日
福岡 KBCシネマ 092-751-4268 上映終了
ユナイテッド・シネマなかま16 0570-783-430 上映終了
ユナイテッド・シネマトリアス久山 0570-783-270 12/4(金)
佐賀 シアター・シエマ 0952-27-5116 12/18(金)
大分 シネマ5 097-536-4512 上映終了
別府ブルーバード劇場 0977-21-1192 上映終了
熊本 Denkikan 096-352-2121 上映中
鹿児島 ガーデンズシネマ 099-222-8746 2021/2/14(日)
宮崎 宮崎キネマ館 0985-28-1162 12/5(土)
沖縄 桜坂劇場 098-860-9555 11/28(土)
画像
画像